京田辺市でジャンパー膝施術をお探しの方はなかざわ鍼灸整骨院へ!交通事故治療無料!

受付時間

BodyDesign なかざわ鍼灸整骨院 0774-29-6293

アクセス

根本改善

  • コロナ対策
  • google口コミ
  • エキテン

ジャンパー膝

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 運動しているときに膝関節の前側が痛む
  • 特にジャンプやダッシュ、ボールを蹴る時に痛みがある
  • お皿(膝蓋骨)の下側が腫れているような気がする
  • バスケットボール・バレーボール・ハンドボールをしていると膝が痛くなる

ジャンパー膝とは?|京田辺市松井山手のなかざわ鍼灸整骨院

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎・膝蓋腱炎)と呼ばれ、跳躍力、瞬発力が必要となるスポーツ、ハンドボール、バスケットボール、バレーボール、サッカーなど多くのスポーツで多く見られるオーバーユースによるスポーツ障害のひとつです。

 

 

 

太腿の前側の大きな筋肉である大腿四頭筋を酷使することで、大腿四頭筋から移行する膝蓋腱や膝蓋骨周囲(膝のお皿)、脛骨粗面周囲が炎症を起こすことで痛みを伴います。

成長期に多いスポーツ障害であり、練習量と練習内容がよりハードになる中学生~高校生は特に注意が必要です。

実際、京田辺市(松井山手)のBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院にジャンパー膝でご来院されている方も、中学生・高校生のアスリートが多くみられます。

放っておくとどうなるか?|京田辺市松井山手のなかざわ鍼灸整骨院

ジャンパー膝と呼ばれるだけあり、ジャンプやダッシュなど跳躍動作が困難となります。また、大腿四頭筋を使う動作(ボールを蹴る等)にも影響を及ぼします。

 

ジャンパー膝は10~18歳くらいのアスリートであれば、オスグッド症と間違われることや、オスグッド症とジャンパー膝が同時に発症していることも珍しくありません。そうなってしまうとスポーツが困難になる可能性もあります。

当院でのジャンパー膝の施術方法|京田辺市松井山手のなかざわ鍼灸整骨院

京田辺市(松井山手)のBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院では、ジャンパー膝の改善に大腿四頭筋の柔軟性を本来の姿に戻すことが大切だと考えております。柔軟性が低下し、疲労により緊張している大腿四頭筋を柔らかくし、膝蓋腱に掛かる負担を減らします。
大腿四頭筋をより効率的に柔らかくするために、筋膜で連結している前脛骨筋や大殿筋なども併せて施術することで早期改善を目指します。

京田辺市(松井山手)のBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院では、ジャンパー膝の選手に対しての運動指導などもさせていただいております。

ジャンパー膝は放置していると、長期化してしまうこともございます。

京田辺市(松井山手)のBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院にお早めにご相談ください。

 

※京田辺市(松井山手)のBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院の施術範囲外の場合は提携病院へご紹介させていただきます。

  • キャンペーン

なかざわ鍼灸整骨院の施術の流れ

施術の流れ

  1. 受付
  2. カウンセリング
  3. 検査
  4. 施術
  5. 検査方針の説明
  6. お大事に

お問い合わせ

なかざわ鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒610-0352
京都府京田辺市花住坂1-19-21 花住坂HillB-1
アクセス
JR学研都市線 松井山手駅から徒歩13分。
京阪バス「虚空蔵谷」から徒歩1分。

受付時間